FPさんに自宅まで来てもらった場合交通費は出さなければいけない?

無料の保険見直し会社は有名なところだけでもたくさんあります。

ネットや電話でできる申し込みは簡単ですし、FPさんと話すことに対して敷居が低くなっています。

しかしやはりその前に、自ら下準備をしておく必要があります。

現在保障されていることについてや、自身の生活にとってあって欲しい保障について、どんなものは必要ないのか、金額はどれだけ出せるのか、今の時点で予想される将来的な生活の変化など、面談前に調べたり考えたりしておくことで、時間を有効に使えます。

保険無料相談のCMを見ていて疑問に感じたことがあります。

それは「有料」の保険相談もあるの?ということです。

元々は保険相談は有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でどこに違いがあるのか、メリット・デメリットはどうなるのでしょう。

無料相談の場合、FPは相談者と面談するだけでお金はもらえず、提案した生命保険への契約が成立して初めて保険会社から手数料が発生しお金をもらっています。

そのため、FPにとって契約時の報酬がの高い保険ばかりを勧めてくる人が中にはいます。

逆に、有料の相談の場合、販売ノルマのようなものがないため、親身になってくれる可能性が高いです。

保険の勧誘や販売は「保険業法」でいろいろな規制がかけられています。

保険業法第300条への指針として「保険会社向けの総合的な監督指針」を策定しています。

これは相談者特典として保険料の割引や換金性の高いギフト券、クオカードなどをプレゼントしてはいけないのです。

では、お米や牛肉などの商品自体をプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の「監督指針」には商品自体のプレゼントについては具体例が記載されておらず、新年の挨拶などでもらうカレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には該当しないとしています。

そのため、今のところは商品プレゼントは「完全にクロ」とも「完全にシロ」とも言い切れない状態にあると言えそうです。

相談者を募集の販促で豪華な商品プレゼントを行なっている保険無料相談サービスをネット上を中心に見かけます。

大半の方が、とりあえず保険相談の申し込みをしたら商品プレゼントされると思っていますがそれは間違いです。

一般的には数回の面談後、アンケート回答などを商品受領の条件にしているサービスが多いです。

そもそも、申し込んだからといって必ずしも面談が行えるわけではありません。

特に、中小の相談サービスに申し込んだ場合は、大手サービス会社に比べてFP登録者数が少ないため面談の予定が決まらないことがあります。

よくある保険の見直しはお店に行くにしても家や近所に来てもらうにしてもやはり面と向かって話し合う場合がほとんどですが、数ある会社の中には電話でアドバイスをしているところもあるようです。

どんなシステムかというと、最初にネットなどから電話をしてもらう時間の予約をする必要がありますが、その後にすることと言えばあとは連絡を待つだけ。

もちろんお金はかかりません。

これならプランに納得がいかなければ切れば良いだけなので、ほかの方法に比べても気楽に試しやすいのではないでしょうか。

保険無料相談を行っている会社について、比較検討してくれている情報サイトというものが存在します。

比較検討をする際のポイントは、実際に面談を受けられるまでの手続きの手軽さ、取り扱いが可能な商品の豊富さ、なんといっても重要なのはFPさんについての評判です。

障害において家の次に高価な買い物とまで言われていますから、一社だけでなくいくつかの会社と面談をするなどして、長く付き合っていけるような人と一緒に今後のことを考えていけると良いですね。

将来のことを見据えて保険の加入を考えている方、契約を考えているなら相談するサービスを選びましょう。

近所の駅前にあるから、たまたま目に入ったからという選び方もいいのですが中には、黒毛和牛肉やお米をプレゼントしているサービスもあるんです。

流れとしては、各相談サービスのHPにある予約フォームから相談日を決めて、家計&保険無料相談後に条件を達成しているともらえるそうです。

でも、無料で商品プレゼントをしているってことはFPの質が低くて強制的・強引な勧誘をしてそうという不安な気持ちもわかります。

最近のFP紹介サービスでは、評判の悪いFPを登録解除を行うサービスもあるほど対策を考えています。

営利企業なのになぜか無料で続けられているサービスがあります。

無料と謳っているのに続けられるのは何かカラクリがあるはずです。

例えば、保険無料相談サービスの場合では相談サービスを行う会社の主な収益は各保険会社からの契約手数料となっています。

つまり、FPが提案した保険に相談者が変更することによって保険会社から手数料がサービス会社へ渡されます。

契約が発生しないとサービス会社には収益が発生しないので、契約の得られない会社にとって利益率のいい相談者の希望を無視した保険よりもほとんどないと思っていいはずです。

また、加入中の保障内容を忘れているから確認だけ、という方も相談無料なので安心して利用してください。

例えば、人から何かを勧められると断りづらい、断ったら悪いなと感じる人がいます。

そういう人の中には、保険無料相談を行った際に自分の希望ではない新しい保険を勧められ、きっぱりと断れなくそのまま契約してしまう。

その結果、自分の生活環境に合わない契約内容になっているなどトラブルに繋がることがあります。

なので、ここでは断り方・信頼できるFPの見つけ方について書こうと思います。

基本的には担当者に「検討させてください」、「念のため、ほかにも相談したい」のこのどちらかを言えば大丈夫です。

保険は人生において家の次に高い買い物と言われており、本当にお客様目線に立って案内しているFPなら引き止めません。

もし強引に引き止めてくる、強引に勧誘してくるFPなら担当者を変えてもらいましょう。

保険無料相談サービスに申し込んでみたけれどなかなか面談のセッティングができないという人がいるそうですその理由として中小の仲介業者の場合、FPの登録者数が大手と比べて圧倒的に少ないためです。

無料で相談を行なえる理由はFPに保険相談をした人が保険に契約をしてくれるからです。

そのため、契約の可能性が低いと判断された案件は後回しにされがちになってしまうという仕組みになっています。

急いで相談をしてもらいたい場合は、FPの登録者数の多い大手の仲介業者に申し込むか予約なしでも相談可能な保険ショップの利用をお考えください。

保険相談ができる会社はたくさんあるのでいざどこにするかという話になると迷うかもしれません。

選択する際に特に注目するべきである重要なポイントをいくつか挙げてみようと思います。

最重要なのは、FPさんの質が高いというところでしょう。

そうはいっても人間同士相性もありますし、万が一のときに利用可能なサポートが用意されてある会社を選ぶと良いでしょう。

さらに取扱商品数が多いというのもFPさんが提案できるプランも幅広くなることと思います。

アフターサービスの有無や有料かどうかも確認しておく必要があります。

人生の中でももっとも高い買い物の部類に入る「保険」。

選ぶ際には、絶対に失敗したくないですよね。

そういった場合にうまく活用したいのが、無料相談です。

ざっくり自分が行くタイプとこちらに来てくれるタイプと2つありますが、中には面談やアンケートで特典が付くところも。

内容は商品券や図書券などが多く、現金の場合もあるようです。

数千円ほどのところが多いようですが、数社と面談すれば合計で数万円もらえるかもしれません。

勉強になる上にプレゼントまでもらえるとしたら、ダブルでお得なお話ですね。

タダでプロと一緒に保険の見直しができるのに、そのうえなおも商品券などがもらえたらWでお得です。

どうすれば手に入れられるのかというと、会って話し合いをするだけであったり、アンケートに答えたりする必要があります。

金額は2000円から7000円と幅広いですがいくつかの会社からもらえたならお小遣いとしては十分でしょう。

ただし、もちろんもらうことが目的と判断された場合は無理なので、嬉しいおまけくらいにとらえておいて本来の目的をしっかり果たせるようにしましょう。

ここ数年でペットの家族化が急速に進んでいます。

例えば、「ペット保険」や「ペット供養」などです。

ペット保険とは、病気や怪我で動物病院に通院した際の治療費用を保障する保険です。

日本全国の動物病院で入院給付金や手術給付金を給付できるほか、ガン給付金や死亡給付金がついた保険も中にはあるそうです。

ただし、毎年のワクチン接種は適用外になりますので若いペットで病気にかかる可能性が低いと考えている場合は必要ないという方もいます。

ペット保険について気になる方は、保険無料相談サービスでも取り扱っているようなので相談してみましょう。

プロに保険相談をしたいとき、どんな方法をあなたは選びますか。

FPさんを自宅まで呼ぶ人もいるでしょうし、テレビコマーシャルでもよく見かけるように、店舗まで行ったことがある人も少なくないのではないでしょうか。

全国展開しているような会社なら駅前や地下街などといった、人通りが多く便利な場所にお店がある場合も多くあり、利用しやすいと思います。

家まで呼んだり、カフェなどプライバシーが心配な場所で話したりすることに抵抗がある人には、面談は来店タイプで試してみてはいかがでしょうか。

参考:FPの交通費・お茶代は私が負担するの?【訪問型ファミレス保険相談】

保険の相談をする際、いろいろな方法が考えられます。

FPさんが来てくれるタイプを選ぶ人もいれば、CMなどでもおなじみとなっているような会社のお店までこちらから出向きたいという人もたくさんおられるでしょう。

全国展開しているような会社なら駅前や地下街などといった、人通りが多く便利な場所にお店がある場合も多くあり、気楽な感じで入れそうです。

自宅に来てもらったり、ファミレスなど人の多いところでお金や生活の話をしたりするのが嫌なら、面談は来店タイプで試してみてはいかがでしょうか。

毎月の支出額はそれほどでなくても、総合的に大きな額になる保険。

内容などの見直しをするときには気を付けなければいけません。

万が一のトラブルを予想したり調べたりして、落ち着いて対処できるようにしておきましょう。

特にごり押し的な勧誘については多くの人が不安に思っていることでしょう。

心配な点を突いてきたり、判断しにくい利点ばかりを主張したりして提案に納得ができていないままにされるといったかたちです。

言いたいことはきちんと伝えてすぐに判断するのはやめましょう。

きちんとした会社なら担当者を替えるサポートも用意されています。

大切なことですから雰囲気に流されることなく自分で決断しましょう。

保険無料相談をしたら特典として商品券をプレゼント!という宣伝文句を最近は見なくなりました。

調べてみると、2017年に金融庁の出した指針によって相談特典で高額な商品券やギフト券がもらえるという販促方法は禁止になったからです。

正確な金融庁の具体的な指導は換金性の高い商品の提供を禁止したことです。

逆に言うと「換金性が低いのなら大丈夫」とも解釈できるので一部のサービス業者では商品券から「換金性の低い特定の商品をプレゼントする」と言う方法で宣伝をしている状況に変わっています。

そのため、商品券がもらえるキャンペーンはなくなってしまいました。

ネットで少し調べればわかるように、世の中には多くの保険無料相談会社があります。

少しでも多くの人に興味を持ってもらうためにキャンペーンをしていたりもします。

気になるその内容はといいますと、多くが商品券やギフト券がもらえるといったものでした。

もらえる額はばらばらではありますが、多くは数千円くらいのようです。

いろいろな比較をするためにも数社に依頼することもあるでしょうが、こういったことも会社を選ぶポイントにすれば面倒なことも嬉しいことに変わるかもしれません。

様々なメディアでよく見る保険無料相談のCMですが、周りに体験した人がいないと利用方法がよくわからないことがあります。

そのため、ここでは無料相談の利用方法について調査しました。

一般的な流れとして多いのが、webサイト経由で相談日の予約をし、カフェなどの希望の場所若しくは店舗で相談という流れになります。

予約日当日、FPに会ってからは、ライフプランや現在の生活環境、加入中の保険の保障内容の確認をしますその後、聞き取りをした人生設計などから条件に合う保険を提案します。

再度、相談者のライフプラン・将来の希望と照らし合わせて保障内容や名付きの月額を一緒に確認します。

いわゆる保険の見直しといえば実店舗を訪ねたり向こうに来てもらったりと面談は直接会ってするものが多いですが、実は電話での話し合いが可能な会社もあるのだそうです。

どういった流れになるかというと、最初にネットなどから電話をしてもらう時間の予約をする必要がありますが、あとは担当FPさんからのコンタクトを待つのみです。

もちろん0円でできます。

これなら本当に良い提案のときだけ話を聞いていれば良いので、ほかの方法より試しやすいと感じるのではないでしょうか。

時折見かける、「保険無料相談で牛肉プレゼント」なぜ相談者特典で景品を付け始めたのでしょうか。

少し前まではFPにお金を払って保険の相談をするのが主流でした。

時代が進むとともに有料で保険相談をしてもらう時代が終わり無料で相談ができる企業がたくさん増えました。

保険は家の次に高い買い物と言われ、保険会社としては自社の製品を是非とも契約させたいと考えています。

そこで無料相談窓口が増えたためそこから保険見直し希望者を獲得するために、特典を出してでも件数を増やしたいという考えから始まりました。

保険無料相談サービスに申し込んでみたけれどなかなか連絡が来なくて面談ができないという人がいるそうです中小のFP紹介サービスの場合、登録してるFPの数が大手と比べて圧倒的に少ないためです。

そもそも無料で相談をして営業できているのは相談者がFPに保険相談をした人が保険に契約をしてくれるからです。

そのため、契約の見込みの少ない案件は後回しにされがちになってしまうという仕組みになっています。

急いで相談をしてもらいたい場合は、FPの登録者数の多い大手のサービス会社に申し込むか、街中の保険ショップの利用をお考えください。

ネットでCMを見て保険無料相談を頼んだけれど、あまりこちらの要望を聞いてくれないいという話を聞きます。

では、有料の保険相談を検討してみてはどうでしょう。

有料相談の値段相場は大体5000から20000円くらいとなっています。

有料相談のメリットとしては、現在の保険の確認だけでも気持ち的に頼みやすいことや無料相談サービスで腕を磨いた優秀なFPが担当してくれることが多いことが挙げられます。

そのため、お客様の立場で公平中立なアドバイスをしてくれることです。

また、多くの有料相談サービスでは、独自の認定基準を設定しています。

「相談に満足しなかった場合は、相談料を返金する」という点も自信の表れでしょうか。

もしどうしても無料相談で済ませたいと言う場合は、信頼できる担当者に当たるまで相談を繰り返してください。

無料で保険の見直しを請け負ってくれる会社はたくさんあります。

手軽にネットから予約ができるので、FPさんとの面談までの手順もわかりやすくなっています。

とは言え待っているだけでなく、自分でも準備をしておくことが大切です。

現在保障されていることについてや、どんな保障が自身のライフスタイルに合うと思うか、また逆にいらない保障はないか、金額はどれだけ出せるのか、家族構成等の将来的な生活変化の可能性など、FPさんとの話合を有意義な時間にするためにも調べておきましょう。

一般的に良い評価よりも悪い評価の方が頭に残ってしまうことが多いですよね。

保障内容の見直しや現在の契約状況の確認をしてくれる保険無料相談サービスでも評価を比べているサイトはあるのでしょうか。

口コミを見てみると相談前の人の多くが「相談したら結局保険を契約させられそう」というイメージを持っていてなかなか相談へ踏ん切りがつかなかったようです。

ただ実際に相談してみると「納得いくまで何度でも相談してください」と言ってくれて安心できた、本当に相談だけでOKだったなどイメージとは全く異なることがわかりました。

なので見直しをしようと考えている人は安心して相談してみてください。

皆さんは買い物に行って強引な接客で何かを買わされたというようなトラブルの経験や話を聞いたことはありますか。

中には、生命保険に加入しようとして案内担当者の説明不足な状態で不適当な保険内容で加入させられたという人もいるそうです。

他には、保険金を請求したら数十年前の通院歴の告知義務違反で保険料が請求できないこともあるそうです。

そんな時に一般の方はどうしたらいいのかわからないですよね。

一生のうちで保険は2番目に高い買い物と言われるくらいで生命保険トラブル専門の弁護士もいるようです。

こういったトラブルがあった時には弁護士に相談してみるのが良さそうです。

人生で2番目に高い買い物を知っていますか?そう、保険です。

そう考えると、やはり慎重に選びたいですよね。

不安なら、無料でできる相談会社を利用してみてはいかがでしょう。

町中にお店があったり、FPさんが訪ねてきてくれたりしますが、条件を満たせば何かをもらえたりするところもあるとのこと。

内容は商品券や図書券などが多く、現金の場合もあるようです。

一万円に満たない額がほとんどですが、数社合わせれば一万円以上になるでしょう。

プロに話を聞ける上にプレゼントまであるなんて、嬉しさ倍増ですよね。

最近CMなどいろいろなメディアで目にする保険無料相談サービスですが、本当に無料なの?という疑問を持ってしまいます。

なぜ無料で営業できているのかをご説明いたします。

結論から言いますと、各保険会社からの契約手数料をメインの収益として成り立っているからです。

つまり、相談サービスを行なっている会社としては、勧めた保険に乗り換えてもらうことで収益が入ることになります。

そのため、お客様目線で提案・保険内容の説明をしてくれ、「相談に行ったら勧誘がしつこそう」といったといった心配事は風評を気にする業界なのでまず起きないと思って良さそうです。

貯金のために保険料を節約したい!でも、相談に行く時間がないからどうしようとお悩みの方の悩みが解決できるかもしれないです。

保険無料相談サービスの中には、人生設計などの相談のやりとりを面談をせずにメールで完結できるサービスもあります。

なので、1年中受付をしており、返信内容の確認も通勤中の電車の中や夜自宅に帰ってからなど空いた時間に確認返信ができます。

もし、書いてある内容がわからない、こちらが伝えたいことが十分に伝わっていないと感じたときには、電話相談もできるようになっているようです。

もし相談途中で必要がなくなったとしてもメールで断れるので楽な気持ちで相談できると思います。